〜永久に美しく〜

アンチエイジング

シミを予防する方法

<![CDATA[
30~50代の肌悩みトップ3に、必ずと言っていいほどランクインしているシミ。
今回は、シミをこれ以上作らせない&悪化させないためにできる予防対策を紹介していきます。
 

シミ予防におすすめの化粧品

シミ対策といえば美白化粧品が有名ですが、美白成分には大きく2つに分けられます。

  1. メラニン生成抑制作用(メラニンを作らないようにする働き)
  2. メラニン還元作用(既にできてしまっているシミを薄くする働き)

メラニン生成抑制作用、つまりシミを予防することができる成分は

・ビタミンC誘導体
・コウジ酸
・エラグ酸
・ルシノール
・カモミラET
・プラセンタエキス
・アルブチン
・トラネキサム酸
・t-AMCHA

などです。
まだシミが出来ていない方やシミがこれ以上悪化しないようにしたい方は、これらの成分が含まれている化粧品がおすすめですよ。
 

日常生活でできるシミ予防対策

紫外線をシャットアウト


紫外線はメラニンを生成するだけではなく、ターンオーバーを乱す原因にもなるため特に力を入れたいポイントです。
日焼け止めを購入&使用する際は、SPFやPAを意識して選ぶようにしましょう。

【SPFとは】
肌に炎症を起こすUVBから肌を守る目安。
★紫外線から肌を守ることができる時間の計算方法
20分×SPF
(例)SPF20の場合 20分×20=400分(6時間40分)

しかし、汗や衣類の擦れなどで日焼け止めが落ちることがあるため、あくまで目安として使うようにしましょう。
海やプールに行く際は、こまめに塗りなおすことが大切です。

【PAとは】
肌を黒くしたり、肌老化の原因となるUVAから肌を守る目安

常にSPFやPAの数値が高いものを使っていると、肌に負担を与えてしまう可能性があるので、レジャーや日常生活などTPOに応じて日焼け止めを選ぶようにしてください。

肌を十分に保湿する


肌が乾燥すると、

  • 肌のバリア機能が低下し、紫外線の刺激を受けやすくなる
  • 肌の新陳代謝が低下し、ターンオーバーが乱れる

など、シミだけではなくシワやたるみなどの肌トラブルの原因にもなります。
そのため、化粧水・乳液・クリームなどで、しっかり保湿するようにしましょう。
また、紫外線を多く浴びる前日には、いつもよりも多めに保湿しておく事をオススメします。

肌に過剰な摩擦を与えない


過剰な摩擦はメラノサイトを刺激し、メラニンを生成しやすくします。
そのため、優しく丁寧な洗顔、クレンジング、タオルオフ、を心がけましょう。
また、クレンジングや洗顔、ピーリングのし過ぎは、肌のバリア機能に必要な角質を剥がしてしまい、ターンオーバーを乱してしまいます。
正しいケアで、肌になるべく負担をかけないようにしましょう。

ライフスタイルを見直す

  • ストレスを溜めない
  • 質のいい睡眠をとる
  • 栄養バランスのとれた食事

シミというと紫外線ばかりに目が行きがちですが、ストレスもシミができる1つの要因です。
ストレスが溜まると、活性酸素が増え、メラニンをどんどん作り出してしまうので注意しましょう。
また、睡眠不足、ミネラル・ビタミン不足も、活性酸素発生の原因に。
そのため、以下の栄養成分を積極的に摂るようにするといいですよ。

・ポリフェノール
・ビタミンC
・ビタミンE
・βカロテン

 
スキンケアなどの外側からのケアも大事ですが、体の内側からのケアも立派なシミ予防になります。 ]]>

Copyright© アンチエイジング , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.